フラット35の審査基準を調べる

フラット35の審査合格に必要な条件は?

 フラット35の審査の基準について少し。フラット35の審査の基準は他の住宅ローン系とは微妙に違うところがあります。それが、ローン対象の建築物が住宅金融支援機構が決める独自の技術基準を満たしている必要があるという決まりが存在することです。

 技術基準というのは、住宅の規模、床面積の比率などから構造に関わる問題まで結構たくさんの審査項目があるということになります。自営業・経営者住宅ローン審査は面倒だと思うかもしれませんが、省エネ住宅などの場合はローン返済開始時に金利の割引を受けることも出来るという特典などもあると思います。つまり、ローン対象となる住宅には少し厳しい審査になると考えられます。

 しかし、申請者に対しては少し甘いところがあるというのは他に比べて有利な点かもしれません。基本条件は、申し込み時に70歳以下であること。総返済負担率が30%以下、もしくは35%以下であること。これは、年収400万円未満なら30%以下、400万円以上なら35%以下ということになります。

 更に、借り入れ総額が8000万円以下であること。建設費もしくは購入費用の100%以内であること。これらが基本条件です。尚、勤続年数が短くても自営業で少し不安定収入でも審査合格の可能性があるので、他で落ちてもここなら受かるかもしれません。

自営業・経営者住宅ローンまとめサイト

自営業・経営者の住宅ローンQ&A【審査通らない・審査落ちしたら?】
自営業者、個人事業主、会社経営者は住宅ローンが借りにくいという話をよく聞きます。実際に自営業の方が住宅ローンを借りる際に生じる金利や所得、審査などの疑問にお答えするQ&Aサイトです。
www.jieigyo-mortgage.com/


Copyright (C) フラット35口コミ情報 All Rights Reserved