フラット35申し込みの際の注意点

金融機関によってフラット35の手続きが違うようです

 フラット35の申し込み方法について少し。フラット35の申し込み方法は各金融機関から申請するということになるんですが、気をつけてほしいのは利用する金融機関によって提出する書類に違いがあることです。どこの金融機関でどの書類が必要になるのかを記していくと大変な作業になるのでそこは省きますが、お申し込みの時には注意してください。ただ、基本的に必要となる書類というものがあるので、それについては記しておこうかなと思います。

 先ず、借入申込書です。それから、所得の証明書です。借り入れ申し込み年度の前年と前々年の証明書が要ると考えておいた方がいいかもしれません。給与所得だけという方は、住民税納税通知書もしくは住民税納税証明書といった公的な収入証明書が要ります。給与所得だけじゃないという方は納税証明書と確定申告書などが必要となると思います。

 それから、建物工事請負契約書です。建設費や住宅取得費用などを確認するためです。そして、土地の登記事項証明書もしくは登記簿謄本も必要になると思います。また、先にも記しましたけども、状況によってはこれ以外の追加書類が必要になることもあるので、これらは参考程度に考えておいてほしいと思います。


Copyright (C) フラット35口コミ情報 All Rights Reserved